正しい方法で行いましょう|体調を司る血糖値|活き活きと生きるために
ウエスト

体調を司る血糖値|活き活きと生きるために

正しい方法で行いましょう

妊婦

間違ったやり方は危険

多くの妊婦が便秘になってしまうのは仕方がないことです。しかし、気を使わなければいけない時期だけに、便秘薬を飲んで便秘解消するのはやめたほうがよいです。そもそも、妊婦の便秘になってしまうのは、女性ホルモンの黄体ホルモンが原因です。黄体ホルモンは、大腸の動きを抑えてしまうために、便秘気味になってしまいます。また、便秘のほかにも痔の予防も必要になります。お腹が大きくなると、どうしても運動量が減り、座っていることが多くなります。そのため、下半身の血流が悪くなってしまうために痔になることがあります。これらの問題を解決するために、規則正しい食事と軽い運動をすることで便秘解消や痔の予防をすることができます。

どうすればいいのか

妊婦の正しい便秘解消方法について3つ紹介します。一つ目は、便秘解消に役立つ食べ物を摂取することです。特に、ヨーグルトやハチミツ、シリアルなどは、妊婦への負担も少なく効果的です。二つ目は、水をこまめに飲むことです。水を飲むタイミングは、寝起きがよいです。また、1日に飲む量を2リットルくらいを目安にし、常温のミネラルウオーターにすると負担も減ります。ミネラルウォーターのミネラルは、硬水のほうが多いですが、体質が合わないと下痢をしてしまうので、軟水から飲むのをおすすめします。三つ目は、運動をすることです。妊婦だからといって、まったく運動をしないことは逆に身体によくありません。軽いウォーキングや家の中でもできるストレッチをするとよいです。